漆山湾から直線距離でおよそ2kmほど南にある三戸海岸では、ウルトラセブン「ノンマルトの使者」と帰りマン「狙われた女」の撮影が行われました。"/> 漆山湾から直線距離でおよそ2kmほど南にある三戸海岸では、ウルトラセブン「ノンマルトの使者」と帰りマン「狙われた女」の撮影が行われました。">

三戸海岸

三浦半島の漆山湾から直線距離でおよそ2kmほど南にある三戸海岸では、ウルトラセブン「ノンマルトの使者」と帰りマン「狙われた女」の撮影が行われました。

三戸海岸の斜面と地層
2004年11月
写真1

写真1の場所は三戸海岸の北端にある黒崎の鼻よりも少し南側にあります。セブン「ノンマルトの使者」で真市少年が駆け下りた斜面、ノンマルトに隊員が撃たれる場面、そしてその場に後からやって来たダンがグローリア号を発見するまで(15分55秒から16分51秒まで)がここで撮影されました。

ところで、この辺りにはノンマルトが頭を出したゴツゴツとした岩はありません。セブン「ノンマルトの使者」は伊豆の入田浜で撮影されたことが分かっていますが、そのゴツゴツとした岩はそちらで見たものに似ています。恐らく伊豆のどこかの岩なのでしょう。

岩場1
2004年11月
写真2
岩場2
2004年11月
写真3

写真2、写真3と次の写真4の岩場は、どれも写真1の辺りにあります。そしてどの岩場も、帰りマン「狙われた女」に見られます。写真2の場所は、ラスト近く24分15秒、郷秀樹が海から上がってきた場所です。そして写真3は、同じくラスト、24分53秒にMAT隊員たちが火を囲んでいた場所です。

岩場3
2004年11月
写真4

写真4は、帰りマン「狙われた女」23分9秒、怪獣にとり憑かれていた丘隊員がMAT隊員たちに助けられた岩場です。潮の干満の違いで写真4には作品中の映像ほど岩が見えていません。しかし、写真4に見えている岩だけからでも、写真4の岩場がその場面のロケ地だと分かると思います。

岩場4
2004年11月
写真5

写真5は、帰りマン「狙われた女」20分0秒、南隊員がMATの隊長たちと再会した場所です。写真1の場所からすこし北へ行った場所にあります。

海水浴場
2004年11月
写真6

写真6は、写真1の南側にある海水浴場です。帰りマン「狙われた女」で、郷秀樹と南隊員が泳ぎついた場所はおそらくここでしょう。

またセブン「ノンマルトの使者」のラストでダンとアンヌが走り出した浜もここかもしれません。ダンとアンヌが走り着いた場所は入田浜の岩場ですが、入田浜の砂は白く、ダンとアンヌが走り出した浜のようにねずみ色ではありません。それに対し、三戸海岸は前述のようにセブン「ノンマルトの使者」の他の場面で使われていますし、浜の砂の色もダンとアンヌが走り出した浜のそれに似ています。

最後にオマケです。円谷プロの「猿の軍団」でもこの三戸海岸が使われています。第11話ラストで、ゲバー率いる軍団がずらっと並んでいたのが、写真1の高台の上です。写真1左側には海岸ステーションの入り口が写っています。同第12話で、ゴードたちの味方のロボット チップ が軍団の新兵器で壊されたのは黒崎の鼻近くの岩場です。

謝辞: 情報を下さった方に感謝いたします。